ICT活用教育のヒント

「デジタルコンテンツの効果的活用」へのナビゲート 中川一史(放送大学 教授)

パソコンやインターネット、そしてデジタルカメラなどのメディア機器は、たしかに子どもたちが調べてまとめて伝えるための道具としてさまざまな場面で効果的だ。
しかし、慣れない先生が校内にパソコンがあるというだけで授業に活用するようになるのだろうか。
では、どうすればいいか。これはメディア環境として、「手間の軽減と慣れの促進」が大事だと考えている。

新学習指導要領における小学校の情報教育

教育の情報化を語る前に

環境の工夫と授業の発想

「デジタルコンテンツの効果的活用」へのナビゲート

教師の留意すべきポイント

中川 一史(放送大学 教授) 横浜市の小学校教諭、横浜市教育委員会情報教育課勤務、金沢大学教育学部教育実践総合センター 助教授、独立行政法人メディア教育開発センター教授を経て、現在、放送大学教授、。主な研究テーマは、「情報教育に関する学習環境」「情報教育における小中連携カリキュラム研究」「研究組織のマネージメント」「産学共同プロジェクトの実践的研究」など。数多くの実践コーディネートを行っている。