ICT活用教育のヒント

堀田龍也

IT活用はここから始めよう(2)

これからの教員、これからのIT活用

学校現場では、ほんとうに「確かな学力」が育成され、そのためにITが十分活用されているだろうか。

この問いは、「活用されている」「活用されていない」で答えるような性質のものではない。少なくとも、学校教育にかかわる者がそのような第三者的な立場でいては、あまりに無責任である。

政府も文部科学省も、政策として学校にITを供給している。学習指導でITを活用し、よりいっそう児童生徒の学習理解を深めるということは、世界的な動向である。教員個人が、私は興味がないというような理由で回避できるような性格のことではない。このことを肝に銘じたい。「確かな学力の育成のためにITを有効に活用していかなければならない」という前提条件を理解した上で、それでは現状における課題はどこにあるか、これから数年の期間でこれをどのように乗り越えていくかを、各教育委員会が、各学校が、真剣に考えなければならない。

ITを活用した授業イメージを持つことが重要

筆者はたくさんの学校現場に入り、教育の情報化全般、とりわけ授業研究の場面で指導助言を重ねてきた。その経験から言って、大きな課題となっている点はたった1つだ。それは、教員自身がITを活用した授業イメージをまだ十分に持てていないということである。

教室にきたITは単なるインテリアではなく、学習指導の強力な道具として機能する。ITを使ってさらに「わかる授業」にシフトしていき、「確かな学力」を保証していくことが求められており、それを全うすることが教員にとって大切な使命であり責任であるということに対する緊張感が少ない。

ITにはOHPにない表現力がある。大きく提示したり、部分だけフォーカスしたり、動きを提示することもできる。黒板とチョークではできなかったことである。多くの教材コンテンツが、すでに市場に出回っている。教員に求められることは、自分の授業の中にこのような「外部情報」を適切に組み込み、これを利用しながら授業を創り上げていく腕である。その腕は、当然ながら教科書の内容をきっちりと教え確実に理解させる教員の腕に準じるものであり、これまで以上に一斉授業の研修は充実していく方向が望まれている。世の中に優れたディジタル教具や教材がたくさんあるにもかかわらず、それを知らずにいる教員では、子どもたちが不幸である。

授業イメージを喚起させる研修を

教育委員会、教育センターの研修は、果たして上記のような教員の資質向上に寄与できているだろうか。ITを授業で使うために習得すべき、IT技術はさほど多くないにもかかわらず、相変わらずツールの操作中心の研修に終始していないだろうか。授業イメージを持つ研修を展開するために、研修室にIT時代の教室環境を実現したり、研究指定校に同様の学習環境を実現して授業研究を進めている教育委員会はどれだけあるだろうか。何より政策の動向を受けて各教育委員会が持っているはずのビジョンを、各研修で具現化できているといえるだろうか。

旧態依然とした研修を払拭し、事例を見てのディスカション研修、各学校のプランを提出させ評価し合う研修、インターネット活用の授業モデルを作成させる研修等、積極的に授業で使うイメージを持たせるような研修に変えていくようなプロモーションが必要である。

校内研修の見直しは進んでいるだろうか。教員には、研究と修養を義務づけられている。学校完全五日制の結果、校内研修が減っていては、動きの激しい時代にキャッチアップできるはずはない。時間にゆとりのある時代の、しかもITがなかった時代の研修スタイルを今でも引きずっているということはないだろうか。校内研修の時間が十分に確保できないのであれば、例えば職員会議の提案にITを活用するなど、日常の一コマが授業改善のチャンスとなるような意図的な活用を試みているだろうか。

今、この時代に、プロジェクタの操作ができない教員を抱えていることを、学校として問題と思う雰囲気が備わっているだろうか。家庭であれだけITを使っている子どもたちや保護者が、学校ではなんとレトロな活動をしていると感じていることに対して敏感になっているだろうか。

IT活用を日常的なものに

教員自身が、ITを活用した授業のイメージを明確に持つこと。これが現在の唯一で最大の課題である。教員は教えることのプロだ。イメージができればどんどん工夫できる。今、急がれるのは、ITを活用した授業イメージの普及である。そのためには、ITの性能ではなく、簡単で効果のある授業場面を具体的にアピールしていくことが必要である。各授業者が、そのような実践場面をデジカメで映し、その写真をプロジェクタを使ってみんなで見合う研修を職員会議の最初の5分間やるだけで十分なのだ。

これからのIT活用は、軽やかで日常的なものになってほしい。重苦しい雰囲気とはもうおさらばだ。まずはここから始めてみよう。あなたにもできる。必ずできる。

(2006年11月掲載)

一覧へ戻る