ICT活用教育のヒント

教員1人1台PC導入による学校へのインパクト 堀田龍也(玉川大学 教職大学院 教授)

これまで、教育の情報化に関する政策は、すべて子どもたちの学習のための整備を中心に行われてきた。教員1人1台のPCは、その意味で初めて教員の、あるいは学校の業務の効率化に注目したものである。
教員が仕事を整理するチャンスが到来しているのである。

堀田 龍也(玉川大学 教職大学院 教授) 東京都公立小学校勤務、富山大学教育学部教育実践総合センター助教授、静岡大学情報学部助教授、独立行政法人メディア教育開発センター准教授、玉川大学学術研究所准教授などを経て、現在、玉川大学 教職大学院 教授。主な研究テーマは、学校現場(特に小学校)における情報教育の授業研究、カリキュラム開発、学習環境設計など。また、共同学習などの情報教育プロジェクトのデザインやマネジメントも多数行われています。