ICT活用教育のヒント

「教育の情報化とIT活用教育」コラム 原克彦

先生1人に1台のコンピュータがやってくると(2)

コンピュータの管理を簡便で確実に

学校でこのような環境整備が進んでくると、普通教室でも、さまざまな利用形態が出現してくることは容易に想像できます。そして、校内のコンピュータの台数も増えてきます。そこで、必要となってくるのが備品台帳などによるコンピュータの管理です。

コンピュータのハードウェアやソフトウェアの状況を定期的に調べておかなければ、ハードウェアの故障や盗難、不正なソフトウェアの導入などを見逃してしまいます。ネットワークにつながったコンピュータのハードウェアやソフトウェアの情報を調査する必要があります。  校内ネットワークを活用すれば、校内に整備されたコンピュータを1台1台調べて回ることなく、どのコンピュータがどのように利用されているのかなどを、一元的に管理でき、把握できるようになります。

より強固な安全性の確保

1人1台のコンピュータが整備されると、校長先生は学校経営計画の立案や進捗状況の管理、各先生の教育課程の管理などで利用されるでしょう。先生は児童生徒の学習や家庭情報の管理などの校務処理で利用され、その活用範囲は、ますます拡大することが予想されます。そこでは、必然的にファイルの管理という問題が出てきます。

例えば、児童生徒の個人情報の管理について考えてみましょう。これまでは、紙などの有体物に記録し、その存在や内容を確認することで個人情報の安全性を確保することができました。

一方、コンピュータでは、ハードディスクやフロッピーディスクなどの有体物に記録されてはいますが、ネットワークに接続されていると、所有者が知らない間に複製が作成されることや、ネットワークを介して転送することなどが可能となってしまいます。私達の目に触れることなく個人情報が流出することもあり得ます。

このように、ネットワーク環境では、個人情報の確実な管理が必要となってきます。児童生徒の個人情報を管理しやすいフロッピーディスクやUSBメモリなどの媒体に保存し、それを金庫などに厳重に保管するという方法も考えられますが、日常的に利用する名簿や成績データを金庫からそのたびに出して使うというのは現実的ではありません。そこで、個人情報を保管したファイルそのものを安心して扱えるような仕組みが必要になります。

(2007年6月掲載)

一覧へ戻る