ICT活用教育のヒント

「教育の情報化とIT活用教育」コラム 原克彦

IT活用授業と従来の授業指導法

最近、教育の情報化の大きな柱として、授業でのIT活用が大きく取り上げられるようになってきました。昨年末には、学校の授業でIT活用を確実に進めるため、文部科学省が教員の指導内容の到達目標を策定する方針を発表し、「IT版学習指導要領」のような新語も出てきました。これは、自治体や学校によって、ばらつきのある教員のITを活用した指導力を向上させ、授業における教員のデジタルデバイドを解消しようとするものです。

また、前回のこのコラムでも紹介した「IT新改革戦略(総務省)」でも、「教員のIT指導力の評価等により教員のIT活用能力を向上させる」ことや「自ら学ぶ意欲に応えるような、ITを活用した学習機会を提供する」ことが明記されました。さらには、今年に入ってから全国で矢継ぎ早に教育の情報化を促進するためにと「IT活用促進キャンペーン」が文部科学省主催で進められています。いずれも、授業でのIT活用を推進させるための取り組みで、キャンペーンに参加された教員からは「勉強になった」「IT活用は必要だと感じた」など、IT活用への意欲が感じられます。

さて、このコラムのタイトル「教育の情報化とICT活用教育」にもあるように、教育現場でITを活用することは教育の情報化の大きな柱です。そして、ITをうまく活用すれば子どもたちの学力が向上することをはじめ、教育にとって有効に働くことが、さまざまな調査や実践で明らかになっています。

しかし、IT活用だけでは、学力や学習効果の向上につながるというものではないことも調査結果として出ています。それは、授業指導力など、従来の授業で教員に求められた力との連携です。

教員が、プロジェクタの使い方や、コンピュータやネットワークの活用、ITを利用した教材作成の方法を身につけることは、これからの授業展開にとって必要であることは間違いありません。そのことと同時に、児童や生徒の目を見て授業ができたり、黒板への文字を筆順を間違えずにきれいに書けることなど、これまでに必要だった教員自身の情報発信や伝達の力も忘れてはいけません。

小学校の低中学年の児童は、先生の板書を見ることや、先生の話を聞くことで学びとることや身に付けることが多くあります。当然といえば当然ですが、最近、これらの基本的な授業技術や授業指導法を磨くための研修が少なくなってきています。

「IT活用が授業をダメにした」とならないように、現在検討が進められている教員のためのIT指導力の基準やそれに基づいた研修などでは、授業指導法などを十分に吟味したものにする必要があります。

教育の情報化は、ITを活用するだけでなく、従来の紙や黒板などの従来の教具も情報活用の道具として位置づけ、それらをうまく使うことも必要です。それらを活用することを通して授業力を高め、子どもに身に付けてほしい力を考えながら発達段階に応じたIT機器の活用を進めなければなりません。

(2006年3月掲載)

一覧へ戻る