ICT活用教育のヒント

「教育の情報化とIT活用教育」コラム 原克彦

社会人のための情報教育2

平成15年度から、「情報活用の実践力」や「情報の科学的な理解」、「情報社会に参画する態度」などを身につけるための情報教育が、小中高等学校で始まっています。これは、変化する社会に学校教育が対応するために、国際理解などとともに始まった教育の重要な内容になっています。

ところが、それを指導する先生の多くが、何と「情報教育」を受けていないのです。「そんなことで、大丈夫なの?」。いいえ、決して大丈夫ではありません。今、焦眉の問題として考えなければならない課題です。

それでは、何から始めれば良いのでしょう。「情報教育」と言うと、コンピュータを使うことと考えがちですが、決してそれだけではありません。

もちろん、情報を収集したり伝達したりする手段として、コンピュータはとっても有用な道具です。しかし、その道具を扱うためには、さまざまな基礎的な力が必要になってくるのです。

例えば、情報を集める時に必要になってくる、読むことや聞く力です。また、情報を伝えるときには、話したり書いたりする力も必要になってきます。私たち大人は幸いにも、これらの教育はしっかり受けてきました。そして、一応使いこなす基本的な能力を備えています。

そこで、次に必要なのが、情報機器を利用して「読む」「聞く」「書く」「話す」方法を身につけることになってきます。

例えば、コンピュータを利用して情報を読むためには、目的の情報にたどり着くための方法を知っている必要があります。また、子どもたちに分かりやすい情報を見せるためには、単にワープロで文字入力ができるだけでなく、分かりやすくまとめたり、文字の大きさを変えて見出しをつけたり、色をつけるなどの方法を身につける必要があります。

そして、それらの力を活用して、子どもたちに分かりやすい教材を作成したり、分かりやすい授業のための機器活用したりすることが必要になってきます。

このようにして、これまで身につけている「読む」「聞く」「書く」「話す」などの力を基にして、その上に、メディアを適切に利用して情報を創り出したり、発信するための力をつける、それが先生のための情報教育の一部です。

さて、それでは、子どものための情報教育とはどのような内容になるのでしょう。

次回は、そのことについて考えてみることにします。

(2004年4月掲載)

一覧へ戻る