ICT活用教育のヒント

「教育の情報化とIT活用教育」コラム 原克彦

ネットワークの落とし穴

2005年度を目標に、公立学校の各普通教室に2台ずつのコンピュータを設置するなどの整備が始められています。これらは、教室でコンピュータやネットワークをうまく活用して授業を効果的に行ったり、子どもたちの学習を支援するような使い方を目指して導入されることになっています。

そして、このうちの1台は先生用のコンピュータとして活用しても良いこと になっているようです。このことは、ひとつの教室に、先生用と児童・生徒用のコンピュータが混在することになります。

ところで、これまでにも学校には、さまざまな施策でネットワークに接続したコンピュータが導入され、教育の情報化や授業での活用が進められてきました。今回の導入は、これらのネットワークに教室へのネットワークが加わった環境が、学校に構築されることを意味しています。

もちろん、現在の技術を持って対応すれば、先生用と児童・生徒用のネットワークを分離してセキュリティを確立することは、そう難しいことではありません。また、それらを先生が責任を持って管理・運用するための便利なツールも登場し始めています(Sky株式会社のSKY SCHOOL LANもその一つです)。

ところが、教室にコンピュータが設置されると、先生が成績の処理や、子どもたちのデータを教室で扱う可能性も否定できません。そんな場合、先生がうっかりコンピュータを使ったままの状態(画面に生徒の成績が表示されている)で席を離れるようなことも考えられます。こうなると、せっかくのシステムやセキュリティも、先生のちょっとしたミスで役に立たないという事態になります。

すでに、このようなことが起こっているかもしれません。便利になればなるほど、各利用者の心がけが必要になってきます。このような落とし穴に自ら落ちないように、各自が注意してコンピュータやネットワークを利用することが必要ですね。

(2003年5月掲載)

一覧へ戻る