ICT活用教育のヒント

校内ネットワークのモデルを考える 安達一寿

実際の利用・運用について

今後コンピュータ、ネットワークの整備は進んでいくと考えられますが、ハードウェアの整備が進むだけでは、実際の利用・運用は進みません。学校の情報化を進めるには、さまざまな工夫や考え方の整理が必要になります。

ここでは、2005年度以降の導入形態に近いコンピュータやネットワークの導入が進んでいる学校を選定し、そこで管理運用業務にあたっている教員にアンケートおよびヒアリングを実施しましたので、その状況についてお知らせします。

ハードウェアの環境

コンピュータの設置台数や設置場所は、コンピュータ教室、普通教室、特別教室、学校図書館、職員室などへ必要台数が徐々に整備されている状況でした。先進校だけに情報コンセントを設置している例や専用の稼働型ラックなどを利用して、持ち運びなどにも配慮が見られる学校もありました。検討点として、常設/持込、ノート/デスクトップ、LAN接続の有線/無線などがあり、ハードウェアと利用形態や物理的な条件の整理が必要と考えられます。

一方で、2005年度に公立全校で予定通りに整備が進むかという点については、各地方自治体の格差が大きいとの印象を受けました。

十分な予算が確保できず、普通教室には入らないとか、消耗品などのランニングコストが十分にないなど、現場からは切実な声が聞こえてきます。また、今回の整備計画とは別に、教員一人一台のコンピュータ配布計画を持っている学校や自治体もあります。日常的な利用のためにも、是非実現してほしい所です。

人的な管理運用体制

文部科学省の調査では、大多数の教職員は校務での利用を行っているので、学校の情報化に対応する準備は進んでいますが、授業での利用になると約半数に落ち込みます。コンピュータ利用だけでなく、授業利用の視点からの研修や授業で使えるコンテンツの整備、教材情報の提供が求められます。

学校のコンピュータ・ネットワーク管理できるレベルの教職員は、調査対象の学校では全校に存在し、半数以上では複数人の教職員が管理業務に従事できるスキルを持っているとの回答でした。

やはり、日常的な管理業務や急なトラブル対応の必要性を考えると、身近にこうしたスキルを持った人が存在することは大変重要です。同時に学校情報化推進コーディネータの配置やSEなど人材派遣などの制度を実施している所もあります。状況に応じた人の手当の必要性を感じます。

学習・校務での活用方法

学習指導場面ではフォルダやファイルの共有を行い、教材の配布などを行っているケースが多いですが、それに対してのアクセス権管理に関しては行ってない場合が多いとの状況です。

また、フォルダの管理に関しても、決まりなどがない学校が多く、利用者に任されているのが実情です。今後利用が進んだときに、混乱や問題を引き起こす可能性があります。全校での利用を前提に、情報の共有に関してのデザインを行い、それに従って運用する方法を各学校で考えないといけません。校務での利用は文書管理での活用がもっとも多いですが、個人情報を伴うデータについては,ネットワーク上には置かず、またインターネット接続のコンピュータでは扱わないといった例も見られました。

ただ、あまり制約を設けすぎると、使いづらいシステムになります。セキュリティと使いやすさの両面に配慮した運用方法を構築する必要があります。

(2005年5月掲載)

一覧へ戻る