ICT活用教育のヒント

学校の情報化を進める 安達一寿

一般教室での利用

一般教室での構成

すでにご承知の方も多いと思いますが、一般教室や特別教室にもコンピュータとネットワークが整備されます。現状では、すでに導入されているところもありますし、現在導入に向けての準備中、あるいは、ようやく利用を開始したところなど、さまざまだと思います。

先日、東京都豊島区内の中学校にお邪魔しましたが、その学校ではハードウェアの導入が完了し、授業利用に向けての準備中でした。

一般教室には、文科省の計画では2台のコンピュータとその提示装置、ネットワークが設置される計画になっていますが、それぞれの学校での考え方やネットワークなどの状況によって、柔軟にハードウェアの構成が変更できるようにすることも可能です。

例えば、以下のような構成が考えられます。

  • ハードウェア構成では
    2台ともデスクトップ型
    1台デスクトップ型 1台ノート型
    2台ともノート型
  • ネットワークとの接続では
    インターネットと校内ネットワークどちらも使える
    校内ネットワークのみ使える
    インターネットのみ使える
  • 利用形態では
    2台とも教師が使う教材提示等用
    1台は教師、1台は学習者用
    2台とも教師、学習者が場面に応じて使い分ける
    2台とも学習者用

授業での利用

一般教室での利用としてまず考えられるのは、教科指導での教材提示での活用ということになります。実際の頻度としては、この教材提示での利用が一番多いのではないでしょうか。これから、使い方を考え始める学校では、まずこれを基本に検討すると良いと思われます。

教材提示では、以下のことを念頭に置きます。

  • 教材提示装置は
    液晶プロジェクタ-天井に固定
    液晶プロジェクタ-机などにおいて利用、移動可能
    e黒板
  • スクリーンは
    固定されたもの
    移動できるもの
    黒板などに貼り付けて使うもの
  • 教材提示の形態は
    プレゼンソフトなどを使って自作
    インターネットのホームページ
    CD-ROMなどで提供されている教材
  • 教材の所在場所
    校内ネットワーク上のサーバー
    インターネット上
    CD-ROMなどのリムーバブルディスク
  • その他
    音が出る教材があれば、スピーカーなどが必要となる場合も提示スクリーン上でコンピュータを操作できる機能の検討

実際の運用

授業中の利用は教師がいるので、何かあった場合の対応は担当教師が行うことになりますが、教室に常時設置されていることになると、授業時以外の休み時間などの学習者の利用に関しての検討が必要になります。自由に利用できるようにするのか、制限をかけるか、利用できるとしたらその範囲をどうするか、電源の切り忘れなどへの対応、破損・盗難などへのケアーなど、さまざまなことを考える必要があります。

(2004年5月掲載)
(学情研メールマガジンより抜粋)

一覧へ戻る