ICT活用教育のヒント

学校の情報化を進める 安達一寿

2005年に向けた学校の情報化

今回よりちょっと視点を変えて、2005年に向けた学校の情報化を進めるため に必要な事柄について、話を展開していきます。

学校の情報化で何をする?

2005年に向けて、学校の情報化推進に関するさまざまな試みや計画が進んでいます。これは、世の中全体の流れでもあるわけですが、実際に導入される現場での必然性や目的をはっきりさせることが、成功するポイントになります。

コンピュータやネットワークの利用場面は、授業や校務支援などありますが、従来のやり方に固執してしまうと、かえって効率が悪くなり、無駄が生じる原因にもなります。

前向きに考え、新しいやり方も受け入れる姿勢や組織全体が変わろうとする意識も重要だと考えます。学校の情報化によるメリットが、子どもたちに還元できることが必要です。

学校での利用者とインフラ整備

学校の情報化を進める上で、まず押さえておかなくてはいけないのは、そこでの利用者の分類と利用形態です。

学校での利用者は大きく分けると、以下のようになります。(参照:「利用者で分類」)利用者の分類によって、コンピュータ・ネットワークに対する権限を切り分ける必要が出てきます。

また、物理的な配置場所もこれからは多岐に渡ります。

→利用者で分類

  • 児童生徒
  • 一般の教員
  • 管理的立場の教職員
  • 一般の事務職員
  • 保護者・地域の学校ボランティア
  • 公開講座などで参加する外部の利用者 など

→配置で分類

  • 普通教室
  • コンピュータ教室
  • 特別教室(理科室、家庭科室など)
  • 図書館
  • 体育館・講堂
  • 事務室
  • 校長室 など

これら、利用者及び配置場所によって、利用するソフトや使い方の決まりなども個別に考えていかないといけません。

学校全体の人や情報の流れ、使い方を把握することが必要です。

皆が気持ちよく、自由に、安全に、便利に使うには

コンピュータやネットワークの導入ができても、安心して利用できる状況でないと、情報化は進みません。また、特に校務処理などは全教職員が使えるか、使えないかによって、効率がかなり変わってきます。

ただ、所詮機械ですから、故障や不具合などはあります。そのようなトラブルが起こった際にも、かんたんに復旧できる仕掛けや日常の保守・管理、データのバックアップなどが万全の体制であれば、安心して利用することができます。

また、この仕掛けが保障されていれば、利用を進めることもできるでしょう。

学校のコンピュータシステムやネットワークシステムの保守・管理は、なかなか表面には出てこない部分ですが、組織としての運用を円滑に進めるには大変重要なことです。

こうした管理業務には、専門的な技術が要求されることが多いですが、最近では保守・管理を専用に行うソフトウェアも発売されており、ずいぶん簡便になってきました。こうしたソフトウェアを利用して、管理の自動化が可能になれば、学校の情報化は一歩前進します。

TOPIC『校内ネットワーク活用ガイドブック』

文部科学省ホームページでは、校内ネットワークを整備する際に参考となるような、校内ネットワークの仕様と、その活用方法に関する調査研究報告書、及びその概要をわかりやすく説明したWebページを公開しています。是非ご一読ください。

(2004年1月掲載)

一覧へ戻る