ICT活用教育のヒント

校内ネットワークをつくる

ネットワークのつくり方ネットワークに必要な機材ネットワークが成り立つために

ネットワークのつくり方

校内ネットワークに必要なもの校内ネットワーク(校内LAN)と一口に言っても、接続する台数や機器は多種多様。これがネットワークを複雑に思わせる原因の一つですが、実はとっても単純です。
ネットワークを構成する要素は、大きく次の3つです。
場合によってはこのほかにプリンタや、インターネット回線につなぐためのルータを使いますが、それでもたったのこの5種類です。
1.校内の好きな場所にコンピュータを配置 2.コンピュータをケーブルでつなぐ 3.ケーブルの数が多い時はハブで束ねる 4.IPアドレスを割り当てる 校内ネットワークのつくり方校内ネットワーク(校内LAN)を作る作業も単純です。
専門書やエンジニアが使う用語が聞いたこともないような言葉であったり、量販店にもさまざまな種類の機材があるために、難しそうなネットワークの構築作業も、基本は4つの作業です。
一覧へ戻る