ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

校務にICTを活用する能力

E-2情報共有とコミュニケーション

教員間、保護者・地域の連携協力を密にするため、インターネットや校内ネットワークなどを活用して、必要な情報の交換・共有化を図る

解説
経済活動や社会生活で一般に利用されている電子メールやネットワークをうまく活用して、校内の情報の共有や互いの連携を図ったりします。その場合、セキュリティや情報発信側の責任などのモラル面にも留意することが必要です。また、保護者や地域との連携のための電子メールや電子掲示板、Webページなどの活用についても理解し、コミュニケーションを円滑にします。

[校務分掌フォルダ運用支援]機能SKYMENU for Staff

指定したフォルダ内でファイルの更新や削除が行われた場合、マイページに通知します。
昨年度の印刷履歴も通知されるので、初めて担当する校務分掌でも「昨年は、いつ、どんな文書を作成したのか」といった業務内容を容易に把握できます。

校務の情報共有をスムーズに

初めて担当する校務分掌でも、昨年度の印刷履歴が通知されることで、容易に業務内容を把握できます。また、指定したフォルダの更新情報も通知されるので、校務分掌の担当者間で進捗状況を共有し、効率的に校務にあたれます。

ファイルの更新情報や印刷履歴を通知

校務におけるICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
新しい仕事を分担したときや、新しい学年を担当した場合などには、前任者の仕事を参考にすることで円滑に業務を進めることができる場合があります。
[校務分掌フォルダ運用支援]機能をはじめ、校務情報化支援ソフトウェア『SKYMENU for Staff』は、このような校務の特徴を分析して学校の業務に合わせて開発されています。すべての教員が機能を理解し、日常的に活用することで、これまでの校務が改善されることが期待できます。「みんなで取り組もう!」を合言葉に校務改善にチャレンジしてください。
一覧へ戻る