ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

情報モラルなどを指導する能力

D-4セキュリティの確保

児童生徒がインターネットなどを利用する際に、情報の正しさや安全性などを理解し、健康面に気をつけて活用できるように指導する

解説
情報セキュリティに関する基礎的・基本的な知識を身につけ、その確保のために、対策・対応がとれることなどが求められています。これらのことを踏まえて、児童生徒に、公共的なネットワーク社会の構築へ積極的に参画する態度を育成することが必要です。

[かんたんログオン]機能/[ユーザ名表示]機能

マウス操作で、学年、組、名前を選ぶだけでログオンできます。
また、SKYMENU Proにログオンすると、タスクトレイに使用者の名前が表示されます。

責任を持って活用する態度を育成

児童生徒に、ログオンしてコンピュータを利用させたり、自分自身がログオンしていることを意識させる環境を用意します。日々の学習環境から、児童生徒に責任をもったコンピュータの利用を促します。

かんたんログオン画面

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
ユーザIDやパスワードは個人情報として大切に扱うことを理解させ、他者に安易に教えないことなどを徹底して指導することが重要です。特に低学年では、その周知をするようにしましょう。
[ユーザ名表示]機能では、タスクトレイに使用者の名前が表示され、児童生徒に「自分が使っている」という意識を高められます。日々の利用の中から責任を持った活用を促し、コンピュータ活用上のルールを意識させましょう。
一覧へ戻る