ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

情報モラルなどを指導する能力

D-3安全への知恵

児童生徒がインターネットなどを利用する際に、情報の正しさや安全性などを理解し、健康面に気をつけて活用できるように指導する

解説
不適切な情報に対処したり、危険を予測して被害を予防するなどの、情報社会の危険から身を守ることや、安全や健康を害するような行動を自分自身で抑制して情報通信端末等を安全に活用する態度を身につけることが具体的な目標です。

[仮想携帯メール]機能(事例メール送信)

子どもたち一人ひとりにコンピュータ上で仮想的に携帯電話を持たせ、子どもたちにメールの送信や受信を疑似的に体験させられます。あらかじめ用意されたスパムメールやチェーンメールといった事例メールを教員機から学習者機に一斉にメールを送信できます。

迷惑メールへの対応を学ぶ

誰からの、どのような内容のメールが「迷惑」と感じるのか。いくつかの事例メールを「仮想携帯」で実際に受け取り、それらについて話し合います。また、被害に遭わないようにするためには、どのようなことに気をつけたらよいかといった安全な使い方を身につけます。

事例メールを一斉送信している様子

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
教員機から児童生徒の「仮想携帯」に事例メールを送信し、どのような内容のメールが「迷惑メール」に当たるのかを実感させます。そして、話し合いを通して、メールを適切に判断することや対処する方法を学びます。
教員が、児童生徒の実態に応じた様々な事例を準備し、児童生徒に対応を判断させることで、安全に活用できる態度を身につけることが必要です。
一覧へ戻る