ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

情報モラルなどを指導する能力

D-2法の理解と遵守

児童生徒が情報社会の一員としてルールやマナーを守って、情報を集めたり発信したりできるように指導する

解説
児童生徒が情報活用をする場合、ルールやマナー、法律などの社会規範に従って行動することが必要になります。これらは各教科の中で指導するだけでなく、課外活動や校外活動などを含めた、学校教育全体で指導することが必要です。そのためには、教員自らが情報社会のルールやマナーを知ることや、校内のネットワーク利用上のルールやシステム等に関しても理解しておくことが必要です。

[アンケート]機能

教員機から学習者機にかんたんに選択式アンケートを配付・回収できます。 アンケートは回収・集計し、グラフで確認できます。

[簡単Webページ閲覧]機能

教員機で開いているWebページをボタン1つで学習者機に表示できます。

携帯電話の正しい使い方を学ぶ

[アンケート]機能で、児童生徒の携帯電話を利用する際のルールやマナーについて実態調査します。その結果を元に、正しい携帯電話の使い方などをインターネットで調査し、改めることなどを発表させましょう。

簡単Webページ閲覧機能の利用イメージ

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
例えば、飛行機内での携帯電話の利用は法律で「禁止」されています。一方、電車内ではマナーとして利用が「制限」されています。これは「安全を確保すること」と「快適な環境つくること」といったようにその目的に違いがあるためです。このように、時と場合によってルールやマナーに違いあることに気付かせることが必要です。
指導に際しては、[アンケート]機能を活用し、児童生徒の実態に気づかせ、話し合いや調べ活動によって知識を確実なものにし、マナーを向上させましょう。
一覧へ戻る