ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

情報モラルなどを指導する能力

D-2法の理解と遵守

児童生徒が情報社会の一員としてルールやマナーを守って、情報を集めたり発信したりできるように指導する

解説
児童生徒が情報活用をする場合、ルールやマナー、法律などの社会規範に従って行動することが必要になります。これらは各教科の中で指導するだけでなく、課外活動や校外活動などを含めた、学校教育全体で指導することが必要です。そのためには、教員自らが情報社会のルールやマナーを知ることや、校内のネットワーク利用上のルールやシステム等に関しても理解しておくことが必要です。

[仮想携帯]機能(メールの送受信、パケット料金計算)

「仮想携帯」から送信したメールのサイズを計算し、児童生徒ごとに料金の計算が行えます。教員機からはモニタリング画面でパケット量やパケット料金を確認できます。

携帯電話のルールを知り、マナーを守る

携帯電話のメール等を利用する場合、写真や動画の添付によって自分や相手にパケット料金がかかることを理解させます。データを添付してメールを送信する際のルールやマナーを学ばせます。

仮想携帯機能の利用イメージ

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
[仮想携帯]機能の[事例メール送信]機能ではデータ量の多い写真と少ない写真を添付したメールが用意されています。
添付するデータによるパケット量やパケット料金の違いから、メールを受け取る相手のことを考えて、どのように写真などを添付すればよいか話し合わせるとよいでしょう。
コンピュータのファイル容量に発展させ、情報の科学的な理解の学習に発展させることも考えられます。
一覧へ戻る