ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

情報モラルなどを指導する能力

D-1情報社会の論理

児童生徒が発信する情報や情報社会での行動に責任を持ち、相手のことを考えた情報のやりとりができるように指導する

解説
情報社会で情報を活用する場合、情報の発信に際して責任ある態度と義務が必要であることを理解させることが必要です。児童生徒が、情報に関して正しい判断を行い、適正な行動がとれるよう、座学ではなく、コンピュータや携帯端末を操作しながら体験を通して指導することが必要です。

[ログ]機能

「いつ」「誰が」「どのコンピュータで」「何をしたか」という利用履歴(ログ)を記録します。

責任ある活用を学ぶ

コンピュータや携帯電話には、利用履歴(ログ)が残っていることに気づかせます。学校でもそのようなログが残っていることを知らせ、責任を持って活用することの大切さを気づかせましょう。

ログ閲覧画面

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
指導の際は、「ログが残るからコンピュータや携帯電話の使い方を注意する」のではなく、それらが「必要に応じて利用されるものであること」を知らせましょう。ログ取得の有無に関わらず、常に責任ある活用を心がけるように指導することが重要です。
ログ画面を示しながら、どのような内容が記録されているのか、そして、それが「なぜ必要なのか」ということを児童生徒に話し合わせるとよいでしょう。
一覧へ戻る