ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

児童生徒のICT活用を指導する能力

C-4知識の定着と技能の習熟

児童生徒が学習用ソフトやインターネットなどを活用して、繰り返し学習したり練習したりして、知識の定着や技能の習熟を図れるように指導する

解説
各教科の学習で、さまざまな知識の定着や技能の習熟のために、繰り返して学習したり、練習させる場面があります。漢字や計算の練習問題の教材などを活用します。また、学習した内容をみんなで共有しながら振り返るような学習場面も知識の定着に有効です。

[学習者画面受信(静止画面一覧)]機能 / [学習者画面送信]機能

学習者の画面を教員機で受信し、一覧で表示できます。児童生徒の作業状況を確認できます。
また、任意の学習者機の画面を他の学習者機の画面へ提示できます。

学習内容を共有し、振り返る

学習者機の画面を一覧で提示し、児童生徒に周りの学習状況を共有させます。周りの進捗を確認させながら学習に取り組ませることで、児童生徒の知識の定着や技能の習熟を支援します。

学習者機の画面を一覧で表示

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
教員がまとめをしたり、児童生徒に学習用ソフトでドリル学習をするだけでなく、児童生徒が自分の考え方や解き方、作り方などを発表します。それらを全員で共有して確認することで、知識の定着を図ることができます。
一覧へ戻る