ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

児童生徒のICT活用を指導する能力

C-3情報発信の指導

児童生徒がコンピュータやプレゼンテーションソフトなどを活用して、わかりやすく発表したり表現したりできるように指導する

解説
各教科や総合的な学習の時間などにおいて、児童生徒が課題や問題解決に向けて調査活動などを行い、その結果をまとめ、最後に発表活動を行います。
その場合、教員は児童生徒がコンピュータやソフトウェアを活用して、相手に分かりやすく発表するように指導したり、意見交換などの学習活動を支援します。

[ディジタルコンテンツ作成]機能 / [プロジェクタ運用支援]機能

USBカメラの画像から、観察や実験などのディジタルコンテンツを簡単に作成できます。
作成したコンテンツは簡単な操作でプロジェクタから提示できます。

まとめたことを発表する

理科の観察や実験の記録、社会科での調べ学習のまとめなどの場面で、児童生徒がソフトウェアを利用して自分の考えをまとめ、その内容をプロジェクタで表示して発表します。

プロジェクタ運用支援機能の利用イメージ

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
プレゼンテーションの資料を作成する場合、文字だけで発表内容を構成するだけでなく、デジタルカメラなどで記録した写真や映像を使うことで、発表内容を具体的でわかりやすく構成ができます。
例えば、児童生徒自身が[簡易教材提示]機能を用いてノートの内容や具体物を提示しながら発表することや、[ディジタルコンテンツ作成]機能で撮影した実験や観察の様子の映像を用いることで、発表活動に幅ができます。
一覧へ戻る