ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

児童生徒のICT活用を指導する能力

C-2文章や図表にまとめる

児童生徒が自分の考えをワープロソフトで文章にまとめたり、調べたことを表計算ソフトで表や図などにまとめたりすることを指導する

解説
ワープロや表計算ソフト、プレゼンテーションソフトなどを利用して、児童生徒の調べたことや観察したこと、考えや意見をわかりやすくまとめる方法について指導します。この場合、操作方法だけでなく、文章のまとめ方や見出しのつけ方など文書作成の基本的な技法についても指導し、正しくわかりやすい文章表現を身につけさせることが必要です。

[教材配付・回収]機能

教材ファイルを一括配付、回収できます。

雛形を配布してまとめさせる

学習のまとめをする際は、そのまとめ方の手順を身につけることが必要です。教員が予め作成しておいたワープロやプレゼン資料作成の雛形に、児童生徒が収集した写真や説明文を流し込んでまとめていきます。

教員機から教材ファイルを配付している様子

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
雛形の教材ファイルを配付することで、児童生徒が情報をまとめやすくできます。また、いくつかのワープロやプレゼン資料の雛形を学ぶことで、児童生徒に伝える方法を身につけさせることが可能です。
まとめ方や操作方法等を指導する場合には、児童生徒が教員の話に傾注するように、キーボードやマウスの操作をいったんロックする[ロック]機能や、児童生徒の進捗状況などを把握できる[学習者画面受信]機能などを活用すると便利です。
一覧へ戻る