ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

児童生徒のICT活用を指導する能力

C-1情報の収集と選択

児童生徒がコンピュータやインターネットなどを活用して、情報を収集したり選択したりできるように指導する

解説
各教科や総合的な学習の時間などにおいて、児童生徒が主体的にコンピュータやネットワーク、デジタルカメラやビデオカメラなどを活用して、課題や問題解決に向けて情報を調査したり検索し、必要な情報を選択するための方法や手順を指導します。その場合の約束事やモラルについての指導も同時に行うことが大切です。

[アンケート]機能

教員機から学習者機にかんたんに選択式アンケートを配付・回収できます。
アンケートは回収・集計し、グラフで確認できます。

アンケートで情報を集める

取り組んでいる課題について、児童生徒自身がアンケート内容を考え、それらをもとに教員機からアンケート調査を実施します。アンケート結果はその場で集計し、円グラフで確認できるので、考察をみんなで行うことも可能です。

アンケート機能の利用イメージ

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
[アンケート]機能は、児童生徒自身がアンケートの内容を考え、それらをもとに課題解決するような場面で有効に活用できる機能です。その場で集計結果などを確認できるので、グラフの読み取り方などについての指導もすると良いでしょう。
情報を収集するときの依頼文の書き方や、アンケート項目の作り方についても指導することが必要です。
一覧へ戻る