ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

授業中にICTを活用して指導する能力

B-3思考や理解を深める

わかりやすく説明したり、児童生徒の思考や理解を深めたりするために、コンピュータや提示装置などを活用して、資料などを効果的に提示する

解説
コンピュータやOHC、USBカメラ等とプロジェクタを組み合わせて、写真や実物教材などを拡大提示することで、児童生徒の理解や思考を深めます。そのためには、さまざまな授業の中で日常的にICTを使い込むことをとおして、効果的な教材の提示方法や機器操作の手順を確実に身につけることが必要です。

[簡易教材提示]機能 / [プロジェクタ運用支援]機能

教科書や実物の教材をUSBカメラ([簡易教材提示]機能)で撮影し、簡単な操作でプロジェクタから提示できます。

実物を提示して説明

先生の手元などをUSBカメラ([簡易教材提示]機能)で撮影し、プロジェクタで拡大提示することで、児童生徒の思考や理解を深めることができます。
例えば、理科の実験器具の使い方や実験の進め方などを説明する際に効果的です。

簡易教材提示機能とプロジェクタ運用支援機能のイメージ

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
USBカメラ([簡易教材提示]機能)で先生の手元などを撮影し、プロジェクタで拡大提示すれば、実験の進め方などをわかりやすく説明し、思考や理解を深めることが可能です。また、児童生徒のノートを拡大提示し、それぞれの考えを共有させ、思考や理解を深めることもできます。
児童生徒のノートなどを拡大提示する場合には、予め大き目の文字で書くことや、濃い鉛筆ではっきり書くことなどを指導してください。
一覧へ戻る