ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

授業中にICTを活用して指導する能力

B-1興味・関心を高める

学習に対する児童生徒の興味・関心を高めるために、コンピュータや提示装置などを活用して資料などを効果的に提示する

解説
授業の導入部分などで、その時間の学習課題に対する児童生徒の興味や関心を高めることを目的に、コンピュータや提示装置などを効果的に活用します。学習に関する資料の提示やアンケートによる児童生徒の実態調査などが考えられます。

[教員画面送信]機能

教員機の画面を学習者機に提示できます。

動画やWebページを見せる

本時に関わる動画やWebページを学習者機画面でしっかりと確認させたいとき、子どもたちの目の前の画面に提示することで、子どもたちの興味・関心を効果的に高めることができます。

教員画面送信機能のイメージ

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
児童生徒の興味・関心を高めるための教材の提示は、授業におけるICTの基本的な使い方の一つです。
例えば、理科の天気の単元では、児童生徒が普段テレビなどで目にする天気図などを学習者機画面に送信し、それらの日頃の読み取り方を発表させることで、これから学習することに対して興味・関心を高めるとともに、課題を明確にできます。
また、算数における図形の理解の場面や、社会や理科等での写真資料の提示など、その活用は幅広く考えられます。
一覧へ戻る