ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力

A-4学習の評価

評価を充実させるために、コンピュータやデジタルカメラなどを活用して児童生徒の作品・学習状況・成績などを管理し集計する

解説
学習の評価には、さまざまな方法があり、それらの多くは、ICTを活用することで効率的に処理できます。また、児童生徒の作品などをディジタル化して記録・保存しておくなど、これまでできなかったような評価も可能になります。
児童生徒の活動を多様な視点で評価し、個に応じた指導にICTを役立てる工夫が求められます。

[ノート採点支援]機能SKYMENU for Staff

ノートなどの提出物の学年・組・名前といった学習者情報をバーコード化し、バーコードリーダーで提出の有無や評価の入力を行えます。採点結果の集計も簡単に行えます。

ノートの採点と集計をすばやく正確に

学期末など、生徒のノートや提出物の評価が大変です。ICTを活用して、ノートを出席番号順に並び替えたり、評価を入力・集計したりする作業をより正確に、かつ労力を削減することが可能です。

バーコードを使った採点のイメージ

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
円滑な評価の入力と記録が可能となる便利な機能ですが、評価そのものは教員が行うことが大前提です。評価点(数値など)だけでなく、誤った部分の具体的な指摘や、コメントなどの朱書きを心がけることも必要です。教科担任など、大勢の生徒を一度に評価する場合などに有効となります。
一覧へ戻る