ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力

A-2教材準備や資料収集

授業で使う教材や資料などを集めるために、インターネットやCD-ROMなどを活用する

解説
教員が指導に必要な資料を収集する場合や、教材を作成する場合に、インターネットやCD-ROMなどの豊富な情報源を利用することが考えられます。それらの情報源を用いて、指導目標や指導内容に沿った資料を、効率的な収集方法で的確に収集できる能力が必要になってきます。また、収集した資料をワープロやプレゼンテーションソフトウェアなどを活用して円滑に作成する能力も必要です。

[ディジタルコンテンツ活用支援]機能

簡単な操作でディジタルコンテンツを登録・分類・閲覧できます。校内ネットワークに接続されたどのコンピュータからでも利用できます。

コンテンツを整理して情報を集めやすく

授業で利用した教材や資料を、学年や教科、キーワードなどで分類して登録、整理します。写真や動画など、ディジタルコンテンツを使いたい時に、スムーズに探せます。

分類を自由に作成し、簡単に登録、整理

授業をよくするICT活用のポイント(原 克彦先生のアドバイス)
授業で使うディジタル化された教材や資料などを円滑に活用するためには、自分自身でフォルダに整理しておくだけでなく、学年や教科ごとに整理し、教員間で共有できるような工夫が必要です。また、キーワードで検索して活用する場合などもあります。[ディジタルコンテンツ活用支援]機能を使うことで、学年や教科間でのこれらの使い方が円滑に行えるようになります。写真や画像のデータだけでなく、ワープロやプレゼンテーションソフトで作成した教材などについても共有し、互いに再編集することを許諾しながら活用できるような仕組みを作ることも必要です。
一覧へ戻る