ICT活用教育のヒント

ここから広がるICT活用

ICTリーダーは学校情報化のトップランナー

なぜ、学校のICT化を進めるのか?

学校にはたくさんの課題があります。ICTばかりやっていられないという声も聞かれます。その通りです。しかし、教育の情報化も 学校の課題の一つであることには違いありません。

高度情報通信社会の中に生き、将来の社会を担う子どもたちにとって、情報活用能力を身に付け社会に飛び立つことは必須条件です。

各学校で、ICT活用の推進を図る際、校内での共通認識を以下の3点にしてみると良いと思います。

  • 【1】ICT 『も』 活用できる教師になろう
  • 【2】ICT 『も』 活用して、分かる授業をしよう。
  • 【3】ICT 『も』 活用できる児童・生徒を育てよう。

この『も』が大切だと思います。ICTは教育活動をサポートする道具です。あくまでも裏方です。しかし、活用の仕方によっては素晴らしい力を発揮してくれます。

今注目されている情報機器である電子黒板も同じです。

電子黒板が導入されたからといって、電子黒板だけで授業をする必要はありません。従来の黒板と電子黒板が併用された授業の方が、児童生徒の理解度も向上することも考えられます。

しかしながら、アナログの方が効果的なものをわざわざデジタルで行う必要はありません。デジタルでしかできないもの、デジタルの方が効果的なものは、是非デジタルで提示したいものです。

まず、自校の情報化の現状の把握を!

日本の学校のICT環境の現状については、毎年文部科学省から出されている「学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」から概観できます。目標とされる数値からはまだまだ、隔たりはありますが、着実に進展しています。

しかし、地域差がかなりあるのが現状です。フューチャースクールのように、全員の児童が自分のタブレットPCを持ち、すべての教室に電子黒板が設置されている学校もある一方で、学習活動で活用できるコンピュータの数も少なく、電子黒板のような大型の提示装置は1台もなく、あっても学校に1台しかないというところもあります。

まず、ICTリーダーが把握しなければならないことは次の項目です。

【1】学校のICT環境の現状は?

校務用コンピュータ、教育用コンピュータ、LAN環境、電子黒板等の提示装置、プロジェクターや実物投影機等の周辺機器、デジタルテレビ等の現状はどうなっているか。

【2】それらの機器の活用状況は?

どんな活用がされているか。日常的に活用している教員は誰か。活用されない原因は何か?

【3】ICT活用で先生方が悩んでいることは?

もっと授業等でICTを活用したいと考えている先生はいます。そんな先生の悩みを聞くことは大切なことです。すぐに解決できないこともありますが、今後の計画に反映できるかもしれません。

【4】ICT活用を推進していく組織はあるか?

校務分掌にICTの活用を推進する組織が位置付けられているか。

【5】ICTに関わる研修は?

校内でのICT関連の研修計画はできているか?研修の時期や回数は適切か?

【6】国や教育委員会のICTの整備状況は?

国や教育委員会の施策や現状について知ることは、自校のICT活用の推進に欠かせないことです。

教室のデジタルテレビを有効活用

「機器がないからできない」という面ももちろんありますが、現状を知ることは、現状から一歩前進させるためです。例えば、電子黒板がなくても、大型のデジタルテレビ等は設置されていないでしょうか?

平成23年8月に公表された「平成22年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」では、全国で296,316台のデジタルテレビが整備されていることがわかります。全国の学校数で割ると、1校当たり8.3台整備されている計算です。

デジタルテレビ 296,316台
電子黒板 60,478台

文部科学省「平成22年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」

このデジタルテレビと教育用コンピュータをケーブルで接続すれば、電子黒板のように利用できるツールもあります。今学校にあるICT環境を見直してみることも大事でしょう。そして、無いなら無いなりに、「ICT活用」を進める方策を管理職も含めて、一緒に考えましょう。

財団法人等のICT活用のプロジェクトに学校として参加すると、ICT環境も整備されることもあります。そうした工夫改善の先頭に立つのがICTリーダーの役目です。

校長先生、副校長・教頭先生と共通認識を持つ

学校の経営の責任者は校長先生です。校長先生が「学校のICT化を推進しよう」という気になることが一番大事ですが、すべての校長先生がそう思っているわけではないのが現状です。

校長先生、副校長・教頭先生とICTリーダーが共通の認識を持つことが学校ICT化の要(かなめ)です。ICTリーダーから管理職の先生へ、自校の現状を踏まえながら、「こうしたい」という提案をしてみてはどうでしょうか。

(2012年5月掲載)