ICT活用教育のヒント

こんなときに便利!SKYMENU Proの便利な活用法

メッセージ送信機能について

[メッセージ送信]機能は、教員機から学習者機にメッセージを送信できる機能です。
授業のどのような場面で、どのようなメッセージを送信していますか?

メッセージ送信機能

教員機から学習者機へメッセージを送信でき、子どもたちの応答の確認もできます。
簡単な連絡事項や指示を一斉に、または個別に送信できます。
例えば、テストや個人作業の終了の5分前などにメッセージを送信します。
最新の『SKYMENU Pro』では、「小」「中」「大」の3つの文字サイズで表示できます。

学習活動の注意点や終了時間を送信

小学校全学年 理科、パソコンクラブ
授業の終わり頃に「あと5分です。きりのいいところで保存して、シャットダウンしましょう。わかった人は、【OK】をクリックしましょう」と送信しています。低学年の児童はメッセージが表示されることを楽しみにしています。
中学校2年 技術
生徒がコンピュータで作業をしているときに「あと5分です」などのメッセージを送信しています。また、授業とは関係ないWebページを閲覧しているときに、その生徒に対して個別で「○○さん、大丈夫?」などのメッセージを送信しています。
小学校6年 総合的な学習の時間
[学習者機画面受信]機能で課題やPC操作に困っている児童を見つけた場合、アドバイスを送っています。
高等学校1年 現代社会
パワーポイントを利用したプレゼンを生徒たちに取り組ませました。生徒同士での相互評価も行わせ、その際に評価の方法や注意点などをメッセージで送信しました。
小学校6年 理科
「人とかんきょう」の単元で利用しました。子どもたちに見てもらいたいWebサイトの名称を送信し、検索させています。また、[学習者機画面受信]機能で操作に迷っている子どもを見つけた場合には、まず教員機からリモート操作することをメッセージ送信機能で伝えてから、操作を始めるようにしています。
小学校3、4、5、6年 理科
コンピュータ教室では、教員の指示がうまく通らない場合があります。メッセージ送信機能で「作業は○○分まで」「終わったら○○に保存してください」などのメッセージを送ることで指示を明確に伝えられます。教員の無駄な指示や声がけがなくなり、児童がより集中して活動に取り組めています。
小学校4、5、6年
総合的な学習の時間、各教科
授業の途中や終了間際に利用します。
授業で利用するソフトや有用なサイトの情報の提供、活動の終了時間の表示、次回の予定の周知などです。また[学習者機画面受信]機能と併用して、つまずいている子どもに個別メッセージを送ると効果的です。
一覧へ戻る