授業でのICT活用

こんなときに便利!SKYMENU Pro

USBカメラが簡単に教材提示装置に

教材を提示する授業のシーンで役立つさまざまな機能を、一つのツールバーにまとめました。

SKYMENUツールバー
計器やコンパスの使い方のお手本を提示

録画【先生の手元を拡大提示】

「角の大きさ」の単元などで、教員が分度器を使って角度を測る様子をUSBカメラで撮影し、拡大提示します。角度の読み方、角の書き方などをわかりやすく説明できます。

また、コンパスを利用した垂直な図形の書き方などを説明する際も利用できます。[録画]機能で撮影しておけば、何度でも利用できます。

実験の方法や手順を理解させる

繰り返し再生【実物教材を大きく映し出す】

実物教材や、実験の手順、実験器具の操作方法などをUSBカメラで撮影しながら説明します。

実験の手順などは、[録画]機能で保存しておき、「繰り返し再生」で提示すれば、何度でも確めさせられます。

教科書やワークシートを拡大提示

録画【静止画で保存し、振り返りに利用】

教科書や資料、ワークシートをUSBカメラで撮影して拡大提示します。

[マーキング]機能で画面上に書き込めるので、授業の終わりに書き込んだ内容を静止画で保存しておけば、次時で前時の振り返りなどに利用できます。

玉結びや玉留めなどのお手本を繰り返し提示

録画【自分の授業に合った教材を作成】

お手本となる、先生の手先の動きを見せにくい「玉結び」や「玉留め」。USBカメラで先生の手元を撮影し、大きく提示すると、わかりやすく説明できます。

[録画]機能で、予め「玉結び」や「玉留め」を行う様子を撮影しておけば、自作の動画教材として使えます。また、「繰り返し再生」を使えば、繰り返しお手本を提示できます。

子どもの作品を静止画で保存

保存【作品の評価や制作例の紹介に】

子どもが描いた作品をUSBカメラで撮影し、静止画で保存します。データとして保存しておくことで、作品の評価や次年度の授業で制作例として紹介できます。

一覧へ戻る