授業でのICT活用

先生にオススメ!使えるWEBサイト

第34回

「演劇メーカー」
(文部科学省)

ネットで演劇体験!

文部科学省が開設するWebサイト「演劇メーカー」では、子どもたちが自分で脚本の一部を書き、その脚本に合った映像を選ぶことで、演劇の1シーンを動画で作成できます。

子どもたち一人一人が自分なりに工夫して演劇を作ることで、創造性や表現力を育むコミュニケーション教育への理解・関心を深めることを目的に作成されています。

コミュニケーション教育については、文部科学省では、「コミュニケーション教育推進会議」(座長・平田オリザ氏)を設置され、演劇などの芸術表現を通じたコミュニケーション能力の育成などについての議論を行っておられます。「演劇メーカー」も平田オリザさんが監修されています。

「演劇メーカー」をきっかけに、社会的要請が高まっているコミュニケーション能力の育成について多くの方が関心を持つことを期待されています。

一覧へ戻る