実践レポート

小学校5年 算数児童1人1台の活用 1人1台 × SKYMENU Cloud SKYMENUを使って、既習の図形に帰着しながら主体的に面積の求め方を追究する姿を目指して 単元名:面積

百瀬 稔 長野県松本市立二子小学校 教諭

百瀬 稔教諭

長野県松本市立二子小学校

本時のねらい

平行四辺形の面積の求め方を考える場面で、タブレットに表示された図形に補助線を入れたり、移動させたりして既習の形に変えながら、自分の考えを友だちに説明したり、友だちの考えを聞いたりする活動を通して、平行四辺形の面積は、三角形や長方形の面積の公式を使える形に変えれば求められることが分かる。

授業の実際

  1. 課題把握では、三角形や長方形の面積の求め方を確認し、平行四辺形の面積の求め方を教師が作成した[発表ノート]機能の図形を提示、各児童の『SKYMENU Cloud』に[配付]機能を使って、問題を送り、個人で書き込みをしていった。
  2. 個人追究では、個人に[配付]された問題をタブレットに書き込みながら、面積を求める作業をおこなった。その中で、指タッチ機能を使って、自分の考えを書き込んだ。児童の中には一つだけでなく、二つ目の考えも書き込み、最後に教師の端末に[提出]することまでおこなった。集中して黙々と取り組む児童が多かったことに感銘をうけた。教師側は[配付]した後は、個人追究の様子を端末で確認することができるため、確認しながら机間巡視をしていた。
  3. 共同追究では、「交流タイム」と称して、友だち同士で端末をもって、自分の考えを見せたり、友だちの考えを聞いたりして、再度書き込みを直す児童や式を修正している児童がみられた。最後は[提出]されてきた書き込みを教師側でスクリーンに映し出し、自分の考えを前で発表することができた。

SKYMENU Cloud活用のポイント (効果と児童生徒の反応)

1個人追究の場面で

発表ノート、配付、素材貼付、ペン

教師から送られてきた課題を指タッチや[付箋]機能を使って、自分の考えを書き込んでいる姿があり、一人ひとりが集中して課題に取り組んだ。指タッチでおこなうとうまく数字が書けず、何度も書いたり、消したりして、悩みながら追究している姿も見られた。画面がすっきりしていて、とても見やすいのもよかった。

2共同追究の場面で

発表ノート、ペン

共同追究の場面では、端末を画面だけ切り離して、自分の作成したものを友だちと見せ合う「交流タイム」を設けた。端末を使いながら、自分の考えを説明したり、友だちの考えを聞いて、修正したりしていた。その場ですぐに修正できるのが端末を使う良いところだと改めて感じた。

3教師の教材研究の場面で

発表ノート、素材貼付、画面一覧

教師側も準備に多くの時間をかけずに行えたと感じる。今まではワークシートで用意したものをデジタルで用意することで、準備の時間削減ができたのではないかと推測される。また、[画面一覧]機能を使って、その場で全員の様子を確認でき、机間巡視をしながら、つまずいている児童に「〇〇さんのやり方が似ているから。見に行ってもいいよ。」と即座に対応できるところが素晴らしいと感じた。

こんな場面でも使える!実践を振り返って

北沢寿明 松本市立開明小学校教諭

今回の授業に参加して、児童たちの課題に集中して取り組む態度や既習事項を活かして、平行四辺形を解く姿を見て、学力をつける手段の一つになると思いました。教師の緻密な教材研究も素晴らしかったと思います。今回の『SKYMENU Cloud』の機能をみて、算数に限ると図形単元が主にできると思いますが、課題だけ貼り付けるだけなら文章問題などを貼り付けて、問題を解くこともできると思いました。

今回はノートや鉛筆を使わない授業がすごく不思議というか新鮮でした。デジタルで残ってはいますが、これをノートに貼り付けるなど、印刷ができ、残っていくといいなとも感じたのは私だけかもしれませんが、端末を使うことで学力が少しでも向上してくれればよいと感じました。ありがとうございました。

(2022年3月掲載)