ICT活用教育のヒント

学校ネットワークのモデルを考える 安達一寿(十文字学園女子大学社会情報学部 准教授)

2005年以降の学校の姿を想像しながら、学校ネットワークの望ましい姿を考えていきます。

学校ネットワークのモデルを考える

学校の情報化を進める

校内ネットワークを有効活用するために

(学情研メールマガジンより抜粋)

安達 一寿 (十文字学園女子大学 准教授) 現在、十文字学園女子大学社会情報学部准教授。ご専門は教育工学、教育情報学など。学校教育や生涯学習における情報教育、コンピュータ教育のあり方、また、マルチメディアを用いた表現手段や情報デザインについて研究されています。
トップページ戻る
ページの先頭へ