ICT活用教育のヒント

既存ツールの有効活用と教員のICT活用指導力の向上

文部科学省が公表している「教員のICT活用指導力基準表」をもとに、ICT活用教育支援ソフトウェア『SKYMENU Pro』の活用とICT活用指導力の向上について、原克彦先生(目白大学教授)にご協力いただき研究を行っています。
実際の活用場面を紹介しながら、どのような能力を高めることができるのか、その具体的な活用場面を整理し、分かりやすく紹介していきます。

教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力

A-1教材研究や授業計画
教育効果をあげるには、どの場面にどのようにしてコンピュータやインターネットなどを利用すればよいか計画する。
A-2教材準備や資料収集
授業で使う教材や資料などを集めるために、インターネットやCD-ROMなどを活用する。
A-3配付資料や提示教材の作成
授業に必要なプリントや提示資料を作成するために、ワープロソフトやプレゼンテーションソフトなどを活用する。
A-4学習の評価
評価を充実させるために、コンピュータやデジタルカメラなどを活用して児童生徒の作品・学習状況・成績などを管理し集計する。

授業中にICTを活用して指導する能力

B-1興味・関心を高める
学習に対する児童生徒の興味・関心を高めるために、コンピュータや提示装置などを活用して資料などを効果的に提示する。
B-2課題を明確につかませる
児童生徒一人ひとりに課題を明確につかませるために、コンピュータや提示装置などを活用して資料などを効果的に提示する。
B-3思考や理解を深める
わかりやすく説明したり、児童生徒の思考や理解を深めたりするために、コンピュータや提示装置などを活用して、資料などを効果的に提示する。
B-4知識の定着を図る
学習内容をまとめる際に児童生徒の知識の定着を図るために、コンピュータや提示装置などを活用して資料などを効果的に提示する。

児童生徒のICT活用を指導する能力

C-1情報の収集と選択
児童生徒がコンピュータやインターネットなどを活用して、情報を収集したり選択したりできるように指導する。
C-2文章や図表にまとめる
児童生徒が自分の考えをワープロソフトで文章にまとめたり、調べたことを表計算ソフトで表や図などにまとめたりすることを指導する。
C-3情報発信の指導
児童生徒がコンピュータやプレゼンテーションソフトなどを活用して、わかりやすく発表したり表現したりできるように指導する。
C-4知識の定着と技能の習熟
児童生徒が学習用ソフトやインターネットなどを活用して、繰り返し学習したり練習したりして、知識の定着や技能の習熟を図れるように指導する。

情報モラルなどを指導する能力

D-1情報社会の論理
児童生徒が発信する情報や情報社会での行動に責任を持ち、相手のことを考えた情報のやりとりができるように指導する。
D-2法の理解と遵守
児童生徒が情報社会の一員としてルールやマナーを守って、情報を集めたり発信したりできるように指導する。
D-3安全への知恵
児童生徒がインターネットなどを利用する際に、情報の正しさや安全性などを理解し、健康面に気をつけて活用できるように指導する。
D-4セキュリティの確保
児童生徒がパスワードや自他の情報の大切さなど、情報セキュリティの基本的な知識を身につけることができるように指導する。

校務にICTを活用する能力

E-1安全で円滑な校務処理
校務分掌や学級経営に必要な情報をインターネットなどで集めて、ワープロソフトや表計算ソフトなどを活用して文書や資料などを作成する。
E-2情報共有とコミュニケーション
教員間、保護者・地域の連携協力を密にするため、インターネットや校内ネットワークなどを活用して、必要な情報の交換・共有化を図る。
トップページ戻る
ページの先頭へ